ウィルコムをお得に買取してもらう~デンデン電話活用術~

スマホ

電話回線の種類

女性

電話回線の種別により電話料金が相当違う

従来は電話回線といえば、一種類しかなく、電話回線を選ぼうが選ぶまいが、その距離に応じて電話料金がかかる仕組みであった。そのようなわけで、ユーザー側では、電話回線を選ぶことは出来ず、電話料金は高止まりする傾向があった。現在はどうだろう。通信手段としての電話回線といえば、固定電話から光回線、インターネット回線、携帯やPHSなどの回線等、様々な種別による電話回線がある。それぞれの種別に応じて電話料金が課金される仕組みであり、そのサービス事業者の課金の体系により、通信費が相当違ってくる。固定電話なら固定電話同士が安価だとか携帯は携帯同士、それもメーカーが同じ同士、インターネット電話ならインターネット電話同士など、無料だったり安価だったりで、どの回線を選ぶかにより、通信費が相当変わってくる可能性がある。

どうするのが通信費を賢く節約できるのか

自分の回線はどの回線を使っているか、何の回線を持っているか。また通信する相手はどういう回線を使っているか、どこのメーカーか、インターネットなどの通信網はあるか、頻繁にかける相手はどの人かなどを把握しておくとよいだろう。法人等の事業者は変わらず固定電話を利用しているところが多いので、固定電話は固定電話同士、携帯なら携帯同士、携帯でもメーカーが同じなら同じ同士、インターネットならインターネット電話同士、と電話回線種別を選別してお互い通信するほうが、お互い通信料が安くなるし、無料である場合も出てくるため、トータルの電話料金を大幅に節約できる可能性が大きくなる。スマホなどは実はそういう回線種別を自動に判別し通信する機能がついている場合もあり、今や電話回線の種別を選別することにより、月々の通信費を大幅に節約できる可能性も大きい。賢く電話代を節約できる時代になったとは思う。