ウィルコムをお得に買取してもらう~デンデン電話活用術~

スマホ

回線の発達

スマートフォン

電話回線を大きく分けると

電話回線にはアナログ回線とデジタル回線に分かれます。アナログ回線とは昔から黒電話が普及した頃から利用されている回線の事です。メタルケーブルを使って電柱から自宅まで引き込まれているのが通常です。メタル線は高価なものではなかったので電話回線が昔日本全国に普及できたと言われています。黒電話の自体はダイヤル回線と呼ばれていましたが、黒電話ではなくプッシュ式の電話機が普及し始めると回線もプッシュ回線ができました。ダイヤル回線ではなくプッシュ回線にした方が相手への電話に繋がるのが少し早いですし、IVRやチケットを取る際にはプッシュボタンを押さないといけないのでプッシュ回線でないと利用できない事も考え電話回線の利用者の中でもプッシュ回線の割合は増えました。

アナログとISDN回線の違い

もう一つの電話回線ISDN回線もアナログ回線と同様のメタルケーブルを利用して自宅に引き込みます。違いは何かと言うとアナログ回線は音声がメタルケーブルを伝って会話ができるのに比べて、ISDN回線はデジタル信号に変換されて音声として伝わっていきます。ISDN回線のメリットは音声がとてもきれいに聞こえる事と、情報を多く伝える事ができるためメタルケーブル一本で電話番号が2回線分利用する事が可能になりました。電話とFAXで番号を別々に利用したい人や会社などで主に利用されてきました。ISDN回線を利用するためにはターミナルアダプターという機器を接続しなくては利用できないので用意が必要です。アナログ回線は機器も不要で電話番号を一つしか利用しない人にはよいでしょう。